モバイルWiFiの月額料金を極端に安くしている会社を調べてみると…。

ワイモバイルないしはドコモですと、3日間で1GBという通信量をオーバーすると、定められた期間速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)の場合だと、そんな制限はありません。

WiMAX2+も、通信サービス可能エリアがジワジワと広くなってきています。言うに及ばずWiMAXのサービス提供エリアであれば、従来通りのモバイル通信ができますから、速度に不満を持たなければ、不自由を感じることはないと言ってもいいと思います。

正直申し上げて、LTEが利用可能なエリアは限定的ではありますが、エリア外に行くと機械的に3G通信に変更される仕様なので、「繋がらない」などということは皆無だと言っていいでしょう。

今現在WiMAXを取り扱っているプロバイダーは20社〜30社存在しており、各社ごとにキャンペーン特典であったり料金が異なっているのです。こちらのウェブサイトでは、高評価のプロバイダーを7社ご案内させていただきますので、比較なさってはいかがですか?

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの1カ月毎の料金(2年契約期間満了日までのキャッシュバックも考慮に入れた全支払い額)を比較した結果を、安い方から順番にランキングの形で紹介させていただきます。

「データ通信容量」、「速度制限」、「毎月の料金」、「通信可能エリア」という4項目で比較検証しましたところ、誰がチョイスしようとも全く問題のないモバイルWiFiルーターは、驚くなかれ1機種だけだったのです。

WiMAX2+のギガ放題プランにすれば、1ヶ月7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを超過するようなことがあると、速度制限に見舞われてしまうと考えてください。

同一機種のモバイルルーターであっても、プロバイダーそれぞれで月額料金は違ってきます。こちらのページでは、人気抜群の機種を“料金”順でランキングにしていますので、比較しやすいと思います。

モバイルWiFiの月額料金を極端に安くしている会社を調べてみると、「初期費用が総じて高額」です。そういう背景から、初期費用も考慮して判定することが肝心だと思います。

ワイモバイルと申しますのは、ドコモなどと一緒で自分のところでモバイルの為の通信回線網を持ち、その回線を使用したサービスを展開している移動体通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードのみの販売も実施しています。

WiMAXのモバイル通信可能エリアは、ジワジワと時間を掛けて拡大されてきました。それがあって、今では街中はもちろん、地下鉄駅などでも不通だということがない水準にまでになったのです。

ドコモとかY!モバイルにて規定のある「3日間で1GBまで」という制限ですが、1GBと言いますとパソコンで動画を見ると2時間前後で達してしまうことになり、問答無用で速度制限が実施されることになります。

「WiMAX又はWiMAX2+を買いたいと思っている」とおっしゃる方にお伝えしたいのは、丁寧にプロバイダーを比較するようにしないと、20000〜30000円程度は損することになりますよということです。

モバイルWiFiを安くゲットしたいなら、月額料金であったり端末料金の他、初期費用だったりポイントバック等々を全部計算し、その計算結果を比較して一番安い機種を買えば良いと考えます。

WIMAXの「ギガ放題プラン」にしたら、1ヶ月のデータ通信量は無制限ですし、キャッシュバックキャンペーンを有効活用すれば、月額料金も3000〜4000円程度に抑えられますから、最も推奨できるプランだと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です