LTEと変わらない高速モバイル通信をすることが可能なWiMAXという通信規格も今の流行りです…。

高い評価を受けているWiMAXを利用したいという人はたくさんいらっしゃることと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では、いったい何がどう違うのかが明確化されていない」という人用に、その相違点を詳しく解説いたします。

WiMAXにつきましては、本元であるUQ以外にMVNOと称されている会社が提供しています。勿論のこと速度であったりサービス提供エリアが異なってくるということは皆無ですが、料金やサービスはまちまちだと言えます。

「データ通信容量」、「速度制限」、「毎月の料金」、「通信可能エリア」という4項目で比較してみた結果、どなたがセレクトしたとしても納得できるモバイルWiFiルーターは、わずかに1機種のみでした。

WIMAXの「ギガ放題プラン」にすれば、毎月毎月のデータ通信量制限は設けられていませんし、キャッシュバックキャンペーンを活用することで、月額料金も3千円台程度に切り詰められますので、非常におすすめだと言えます。

ワイモバイルのポケットWiFiが良いというレビューを見て、初めて使ってみましたが、これまで所有していたほとんど同じサービスを展開している同業他社のものと比べましても、通信クオリティーなどは全然変わりがないと思いました。

1ヶ月のデータ使用量がフリーとなっている「ギガ放題」が有名ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在しています。こちらのプランは、「データ使用量は7GBに制限」という設定になっております。

モバイルWiFiの月毎の料金は概ね4000円ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを実施しているところが存在するのです。この戻してもらえる金額をトータルコストから差し引いたら、実質負担額が判明するわけです。

速度制限がないのはWiMAXだけという印象が強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を設定することで、速度制限を受けることなく利用することができる「アドバンスモード」という上位プランがあるのです。

自宅はもとより、外出中でもネットに繋げられるWiMAXではありますが、もっぱら自宅以外で利用することはないとお考えなら、WiMAXモバイルルーターよりもホーム専用ルーターの方が良いと考えています。

「モバイルWiFiの内、無制限・高速モバイル通信ということで大人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのポケットWiFiのどっちにしようかなかなか決断できない。」と言われる方を対象に、両者を比較してみたいと思います。

「WiMAXのエリア確認にトライしてみたけど、100パーセント繋がるのか?」など、あなた個人が毎日モバイル機器を使用している地域が、WiMAXを利用することができるエリアに入っているのかいないのかと困惑しているのではないですか?

ポケットWiFiにつきましては、携帯と同じ様に各端末が基地局と無線にて接続されますので、手間暇の掛かる配線などは不要なのです。ADSLであったりフレッツ光を契約した時と同様のインターネット接続工事もする必要がないのです。

「速度制限が実施されるのはどうしてか?」と言いますと、ネット回線に短時間に集中的なアクセスが為されると、そのエリアで通信機器などを利用しているすべての顧客が、繋げられなくなるとか速度が落ちてしまうからなのです。

ワイモバイルも電波が届くエリアは拡大してきており、山の中や離島を除外したエリアであるならだいたい使用できると言ってもいいでしょう。ネットに4G回線を経由して接続することが不可能な場合は、3G回線を通じて接続することができる様になっていますのでご安心ください。

LTEと変わらない高速モバイル通信をすることが可能なWiMAXという通信規格も今の流行りです。大概ノート型パソコンなどで使用するという人が多く、「時と場所を選ばず高速WiFi通信ができる!」というのが最大のメリットになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です