モバイルルーターの販売戦略上…。

大人気のWiMAXを利用したいという人は少なくないでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+の相違点は何かがわからない」という人用に、その違いをご案内しようと思います。

目下のところWiMAXを活用しているのですが、新規にモバイルWiFiルーターを比較し、「今の時点で最も満足できる一台はどれになるのか?」を明確にしてみたいと思っているところです。

WiMAXは合計の費用を計算してみても、他のモバイルルーターと比べて安くモバイル通信が可能です。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi機器をネットに接続させることが可能です。

月毎のデータ使用量が無制限と謳われている「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されているのです。この「通常プラン」の場合だと、「データ使用量は7GBに制限」とされています。

各々のプロバイダーが決定しているモバイルルーターの一ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキング一覧にまとめてみました。新たにルーターを購入するつもりの人は、今直ぐ目を通していただきたいです。

LTEと称しているのは、スマホや携帯電話などで利用される最新の高速のモバイル通信規格になります。3G回線と4G回線の間に位置する規格ということから、WiMAXと共々3.9Gに分類されています。

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、ワイモバイルとWiMAXという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除いただいたいの項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。

WiMAX2+のギガ放題プランをチョイスすれば、一ヶ月7GBというデータ使用量の縛りはありませんが、3日間で3GBを越えますと、速度制限が掛かると考えていてください。

WiMAX2+の販売キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを継続しているプロバイダーが複数ありますが、キャッシュバックキャンペーンを行なっていないプロバイダーも稀ではないので、気を付けるようにしてください。

WiMAX2+も、モバイル通信エリアが着実に拡大されてきております。勿論WiMAXの通信サービス可能エリアであれば、以前と同じモバイル通信が可能となっていますので、速度さえ気にしなければ、ほぼ問題はないと言ってもいいでしょう。

自宅においては、ネットに接続する際はWiMAXを利用するようにしております。懸案の回線速度に関しましても、殆どストレスを感じる必要のない速さです。

モバイルWiFiにあまりお金を掛けられないなら、当然ですが月額料金が大切になってきます。この月額料金を低く抑えた機種を選びさえすれば、将来的に支払う合計金額も少なくすることが可能なので、何よりも先にそこをチェックしなければなりません。

モバイルルーターについてリサーチしてみると、しつこいくらいに目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。驚くことに、30000〜40000円の高額なキャッシュバックを行なっているところも見られます。

ドコモとかY!モバイルにおいて設定のある3日間で最高1GBという制限ですが、1GBという通信量はPCなどで動画を視聴しますと2時間位で達することになり、問答無用で速度制限に引っかかることになります。

モバイルルーターの販売戦略上、キャッシュバックキャンペーンを催しているプロバイダーも存在しています。キャッシュバック分を差し引いた料金を比較して、安い順にランキングにしてお見せしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です